日別アーカイブ: 2017年12月4日

【第28回】ミセスやすこの「話題のトピックス“3分”つまみ食い」【あのサンタクロースを「経費」や「歴史」の面から考えると? 身近なところに落ちている勉強の楽しさ】

yasuko_top

第28回 あのサンタクロースを「経費」や「歴史」の面から考えると? 身近なところに落ちている勉強の楽しさ

■地球上の子ども全員にプレゼントを配ったら、いくらかかる?

はぁ~、早いものでもう師走ですね。
クリスマスやらお年玉で浮かれ気味の子どもに反比例して、家計を切り盛りするやすこはため息ばかりです。忘年会に帰省、そして新年会など、まるで羽が生えたように財布からお金が出ていくのですから(笑)

きっとこの時期は、サンタクロースさんの家計も大変でしょう。世界中の子どもにプレゼントを配るんですもの。はい、ここで問題です。サンタのおじさんが、全世界の子どもにプレゼントを配るとすると、いったいいくら必要でしょうか?

国連の推計によると、2010年の15歳未満の子供の数は約18億4200万人。仮に1人に500円のささやかなプレゼントを配ったとしても、なんと合計9210億円。あと少しで日本の国家予算です。いったいサンタさんったら、普段どんな仕事で稼いでいるのかしら。

普段はファンタジーの世界にいるサンタクロースも、社会の事象と結び付けて考えてみるとちょっと面白いですよね。勉強の醍醐味って、こうやって遊べるところにもあるんじゃないでしょうか。

■「日本風の味付け」でデビューした明治時代のサンタさん

ほかにも、「歴史」と「サンタクロース」を繋げても発見があります。

日本の物語に初めてサンタクロースが出てくるのは、明治33年。子ども向け教材の挿絵だったそうです。やすこも実際に絵を見てみました。しかしーー

そのモノクロの老人は、やせ型で厳しい顔つき。赤い帽子もかぶっておらず、連れているのも角の立派なトナカイ……ではなく、小さなロバ。当然そりなども引いておらず、老人の手には杖が握られています。って歩いて来たんかい!?

残念すぎるサンタさんですが、これには理由があります。

明治時代は、まだ鎖国を解いて時代が浅く、日本は欧米諸国に追いつきたくて仕方がなかった時期なんですよね。教育にも外国文化を取り入れたかったけど、国民に受け入れられるには、ある程度「日本風の味付け」が求められる。だから、おじいさんの名前も「北國の老爺(ほくこくのおやぢ) 三太九郎(さんたくろう)」。また当時、国内にはトナカイはおらず、農家さんは荷物をロバに乗せて運んでいました。ストーリー自体も、「少年が助けたおじいさんが、クリスマスイブに贈り物をもってやってくる」という、まさに『鶴の恩返し』や『かさこ地蔵』の系譜を受け継いでいたのです。

たった1枚の挿絵からも、見方次第でたくさんの発見があります。

来年はこんなところからも、みなさんのご家庭のお子さんが勉強に興味を持ってくれるといいなぁ。みなさんも「こんな話が聞きたい」というのがあれば、マスター本部にでもかまいませんので、どんどん教えてくださいね!

=================
【第1回】はじめまして、「やすこ」です
【第2回】オリンピックを境に「学校の授業」も変わる!?(前編)
【第3回】オリンピックを境に「学校の授業」も変わる!?(後編)
【第4回】東大を受験したロボットが、人間に勝てなかった「能力」って?
【第5回】東大を受験したロボットが、人間に勝てなかった「能力」って?(続編)
【第6回】一年のスタート、子どものやる気を引き出す「子ども手帳」はいかが?
【第7回】冬から増える「進路の悩み」への処方箋
【第8回】みんなの給食メニューを「民主主義」で決める!?
【第9回】学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(前編)
【第10回】学校授業、バージョンアップの詳細がついに明らかに!(後編)
【第11回】春のお出かけで、子どもの「教科書アレルギー」を撃退!?
【第12回】新学期、オトナの本棚に「あえて」置きたい一冊
【第13回】小6の男子が考えた「分数ものさし」で、苦手な分数を一発攻略!
【第14回】ついうっかり勉強しちゃう!? ゲーム感覚で遊べる「学習アプリ」(前編)
【第15回】ついうっかり勉強しちゃう!? ゲーム感覚で遊べる「学習アプリ」(後編)
【第16回】禁断の「あの言葉」で、子どもを夢中にさせる漢字ドリルとは?
【第17回】ウチの子が学校に行きたがらない――もしものために知っておきたい不登校児のための新法律
【第18回】夏休みの「宿題代行サービス」について考えてみる
【第19回】受験生応援!「集中力」が発揮できる室温って、いったい何度?
【第20回】夏休みの時間の使い方……ウチの子は「ブラック部活」に通ってるの!?
【第21回】オトナもハマる! 無料で遊べるプログラミング教材が面白い
【第22回】「昼寝クラブ」に「みんいく」!? 気持ちよく眠るだけの成績アップ法
【第23回】小学校 「卒服」のオシャレ高額化と「キャラ弁」規制を考えてみる
【第24回】次の選挙で、これからの教育費が決まる!? 各党で違う「お財布のありか」に注目【NEW!】
【第25回】10年後の人気職業は「ロボット・アドバイザー」や「輸送のアイデアマン」!? 人工知能・AIがもたらす仕事革命
【第26回】実は奥深い「学校給食」のセカイ(1)
【第27回】実は奥深い「学校給食」のセカイ(2)
【第28回】あのサンタクロースを「経費」や「歴史」の面から考えると? 身近なところに落ちている勉強の楽しさ
=================